東京の家賃相場とマンスリーマンションの穴場を探す方法

東京は全国から見ても土地価格が高いため、駅から近い場所にある賃貸物件の家賃などは高めになっているのが特徴です。駅から近い場所は通勤や通学に便利な環境であると同時に、駅周辺には商店が多数あるため生活の利便性が高い環境にあります。駅から遠くなればなるほど家賃は下がる事になりますが、都心部で生活する人にとって駅から近い場所は魅力的と感じる人が多いのではないでしょうか。尚、賃貸物件の中にはマンスリー契約を結んで部屋を借りる事が出来るマンスリーマンションや週単位で部屋を貸して貰えるウィークリーマンションなどの物件もあります。契約期間が長くなるほど賃料が安くなるのが魅力で、単身赴任のサラリーマンや地方から訪れた大学生などが利用するケースが多くあります。但し、物件により賃料が異なるので比較をしておく事は大切です。

契約期間が1~2年の場合にはトータルコストが安くなります

東京のマンスリーマンションは地下鉄や私鉄各線、JRなどの路線駅から近い場所に物件が集まっています。一般的な賃貸マンションと比較した場合、入居費用が安いなどの特徴がありますが、駅から近い物件は賃料が高めです。ちなみに、マンスリー契約の中には1日当たりの賃料と光熱費があり、これに加えて退去時もしくは更新時の清掃費用があります。その他に保証金などの支払いが必要になりますが、契約期間が長くなる事で賃料が下がるので、一般的な賃貸マンションを借りるよりも費用が安くなる事も少なくありません。但し、利用期間が5年や10年などの場合、トータルコストを考えた場合には賃貸マンションなどの方が安くなるので、契約期間が1~2年などの場合にコストが安くなると言われています。尚、物件により賃料などの費用が異なるので、相場価格を把握するためにも幾つかの物件の料金を比較しておくのがお勧めです。

駅から離れると利用者数も減るので賃料が安くなる

東京の中にあるマンスリーマンションは駅近くの物件は賃料が高めですが、階数などにより賃料が異なる、日当たりなどに応じて賃料が変わるなど、一般的な賃貸マンションなどと同じような傾向を持ちます。東京には色々な路線があり、利便性を高めていますが、駅から距離が離れると土地価格自体が下がるため、物件の賃料も下がる事になります。都内の場合は、バスを使わないと駅まで遠い場所などでは、賃貸マンションの家賃も下がるため、マンスリーマンションでも同じように賃料が安くなります。借り手が少ない物件は賃料が安くなる、駅から近い借り手が多い物件は賃料が高めになるのは普通の賃貸物件と同じです。尚、部屋の専有面積や周辺環境などにより賃料が変わるので、予算を決めた上で住まいの場所を決めるのがお勧めです。