賃貸とマンスリーマンションのメリットとデメリットを東京で比較

家賃相場が高い東京では、一般的な賃貸マンションを契約して途中解約すると費用が高くつきます。利用期間が1年に満たないと最初から分かっている場合には、マンスリーマンションを利用することで、余計な費用と手間をかけずに入居することが可能です。賃貸とマンスリーでは、相反する部分がメリットとデメリットとして対極にあるので、どちらの方法で入居した方が良いのかは、実際に入居する人の状況に左右されるでしょう。多くの場合では、長期間になるほど一般的な賃貸マンションが有利となり、短期間ならばマンスリー契約が有利となります。入居開始出来るようになるまでの違いも大きいので、最初はマンスリータイプを利用して、後から一般的な賃貸マンションに転居する人も少なくありません。

煩わしい契約が少ないメリットを活用しよう

家賃相場が高い東京では、一般的な賃貸マンションへ入居するために家賃6ヶ月分を用意しようとすると、軽く60万円以上となるので、ファミリー向け物件を検討するとすぐに初期費用だけで100万円に到達してしまうでしょう。マンスリーマンションならば、必要な期間の分だけ料金を支払えば、カバン1つで入居することも可能です。一般的な賃貸マンションでは、入居審査落ちしてしまうケースが少なくないので、料金を支払えばすぐに入居出来るマンスリータイプは手軽さがメリットとなるでしょう。光熱費が定額精算出来るので、自分で新たに契約する必要が無く、入居時に清掃費を預けておけば、契約期間満了日に鍵を返却するだけで済む手軽さは魅力です。前払いで契約出来るので、オーナーにとってもマンスリー契約は手間が掛からないわけです。

割高感が出てしまうデメリットを考慮する

マンスリーマンションを利用する際には、ただでさえ高い東京の家賃が、更に割高になるという問題を抱えています。契約期間が短いほど割高料金となり、6ヶ月以上の契約ならば割安感が出ますが、半年以上の賃料を一括前払いするためには、多額の費用が必要です。資金面で余裕がある人が、契約の煩わしさからマンスリーマンションを利用するならば、最適な方法と言えるでしょう。しかし、なるべく安く済み続けたいと考える場合には、面倒であっても一般的な賃貸借契約を結んで東京に賃貸マンションを借りると良いでしょう。利用期間が短ければマンスリー契約を検討しても良いですが、半年以上の長期契約となる場合には、本当に1年以内に再度転居することになるかどうかで、一般的な賃貸マンションに必要な契約費用と天秤にかけて決める必要があります。