赤ちゃんにとっての抱っこやおんぶの仕方はひとそれぞれでまず様々です。その理由は、とにかくその人の赤ちゃんにとっての愛情表現そのものでもあります。そして、とにかく赤ちゃんの場合は、一人で動ける事は動けますが、その場所を移動すると言う事が出来ないために抱っこやおんぶをして動かす事が寛容となります。そうしないと、赤ちゃんでも皮膚が傷んでしまうと言う事です。しかも、衛生上でも良くないと言う事になります。更には抱っこやおんぶをする事で、その場所を目に焼き付かせたり、そして異なる空気を、小さいながらも赤ちゃんは少しずつ吸収している訳です。そのためにも抱っこやおんぶと言う行動は非常に大切なケアと言う事にもなる訳です。両腕で抱っこしたり、抱き抱えるようにしたり、そしておんぶして場所を移動したり、全てが赤ちゃんの環境にも良い訳です。

人により赤ちゃんの抱っこおんぶの仕方は違います。

人により赤ちゃんの抱っこおんぶの仕方は違います。その理由は、誰でも赤ちゃんを抱っこしても構わない訳です。自分のおっぱいを飲ませる感じの抱く仕草もあれば、座ったままでも、そして立って歩きながらでのゆっくりと静かに左右に揺らせながらの場合もあります。それに、自分の顔に寄せ付けながら、身体をしっかりと両腕で支えながらの抱く方法もあります。優しくさすると言う方法と、この子をしっかりと守ると言う表現の抱き抱えと言う事になります。全てがこれスキンシップと言う事になる訳です。そしておんぶの仕方はこれ、殆んど二通りに分かれているようです。昔からの方法と言えば、背中で背負うと言うケースが多かったですが、近年では、前でしっかりと抱きしめるようにしないと注意散漫となる、または赤ちゃんの顔が見えなくて恐いと言う意見もあるようです。

環境も大切な赤ちゃんの抱っこおんぶの仕方です。

自分からの意思表示は、泣く事、笑う事、そして寝る事と手足を動かす事しか出来ない赤ちゃんのためには抱っこやおんぶの仕方はその環境にも影響しています。もちろん両腕で抱えるように抱き抱えると言う事になりますが、実は、赤ちゃんの肌を守ってあげると言う事も重要になってくる訳です。生まれたての場合は特に皮膚がまだ発達していない状態ですから、何時間もその場所に寝たきりと言うのは身体的にも良くないと言う事にもなります。そして出来るだけ起こして様々な動きを与えると言うのが適切でもあります。つまりは様々な角度から赤ちゃんにいろいろなものを見てもらうと言うのが寛容でもある訳です。背中に背負って、たまには外出も必要となります。近年では自分の前で抱えるようにするおんぶ紐なども誕生しているようです。様々な抱っことおんぶの仕方があるようです。